プレゼント

日常の生活においては様々なプレゼントを贈るシチュエーションがあります。
よくあるのが誕生日プレゼントです。
この時には、花やケーキをもらったりした経験はありませんか?
1年に一度しかないイベントですが、年間を通してみれば実にたくさんの行事がありその都度プレゼント選びに迷ったり悩まれたりしているのではないでしょうか?
そんな方のために少し贈り物をする時のアドバイスや提案をさせていただきます。

 

盛り上がる行事としては、バレンタインデー、ホワイトデー、雛祭り、子供の日、母の日、父の日、敬老の日、クリスマスなどがあります。
この他にも最近ではハロウィンなどのパーティーをしている方もいます。

 

それでは、実例を出しながらプレゼントの選び方などを考察していきます。
@ 私は、30代前半の女性です。
先日に、女友達の誕生日があったので今月中にはプレゼントを渡したいと思っているのですが、お互い仕事で日程の都合がつかずに1か月経った今になってもまだ渡していません。彼女とはもう何年も付き合いがあり連絡を取り合っている仲です。
3人の子供と旦那で暮らしています。
遅れても相手に変な気持ちをさせないのでしょうか?

 

プレゼントは結局は気持ちの問題ですので何を贈っても問題ありません。
お子さんがいる女友達だったら図書券が一つの候補になります。
これは、絵本代って思ったよりお金がかかるものなのですね。
そういったことも考えればスイーツ系のような物よりいつでも使えるので重宝されるかと思われます。
次に、お子さんのことを抜きにして友達同士で楽しむのならホテルのランチバイキングに行くのもおすすめです。
豪華ホテルで食事をする機会はなかなかあることではありませんし、昼のランチならディナーよりも格安コースがありますので学生時代の思い出話も広がることでしょう。

 

A ホワイトデーのお返しをしたいのですが、気の利いたサプライズ的なアイデアが浮かびません。花や有名ブランドのチョコレートは去年までにあげてしまっています。
ネタが切れたので良きアドバイスをお願いします。

 

ホワイトデーの返しは、年齢によって贈る物がかなり違ってくるのが現状です。
高校生の男子は生まれて初めてバレンタインのチョコを貰ってウキウキ気分でいるかと思います。
特に本命としてかわいい女の子からもらったメッセージカード付チョコはこのうえない喜びで勉強やスポーツにもやる気が出てくるはずですね。
かつて、予備校生だった時に電車の中で好きな子から貰ったチョコレートは一生の思い出になっています。
社会人の方は同じ会社の女子社員から義理チョコを貰うこともあるかと思います。
そうした場合のホワイトデーの返しも貰ったチョコのランクや位置つけによって金額や商品を選ぶべきです。
単なるお世話になっているから義理チョコを女性社員数人からまとめて貰ったのに高価なバラの花を贈るのは違和感がありますよね。
本命で貰った男性は本気のホワイトデーのお返しを3倍返しくらいで考えなければいけません。
将来的には結婚まで考えているカップルだったらもはやこの季節に限らず、いつでも気持ちを伝えあっているはずです。
男性はバレンタインの義理チョコ制度を嫌っている人も多いと聞きます。
それはホワイトデーのお返しという日本独特の行事があるからです。
日本で生活するからにはしかたがないので、女性誌やネットなどで今の女性の流行などもたまには調べてみるのもいいでしょう。
オリンピックのフィギュアスケートの男女のペアで演技する選手はプライベートでカップルになることがあるのだろうかと勝手ながら思ってしまいます。
お互いに心が通じ合っていた方が良い演技ができるはずだから、バレンタインやホワイトデーパーテーィなんかも真剣に参加していそうな気がします。

 

母の日のプレゼント

 

母の日は5月の第2日曜日ですが、4月の中旬あたりから盛り上がりを見せていますね。
母の日にプレゼントする人はとても素晴らしい人だと個人的に思うのです。
なぜなら母親に面倒を見てもらって当たり前と感じている方がほとんどだからです。
そこで、何がベストな贈り物なのかは母親が最も欲しがっている物です。
各自の状況によっても予算が違うので選ぶのに難しいでしょうが、母の日と言えば
ブリザードフラワーです。
枯れないお花でプレゼントとして人気があります。
また、母の日に限らず、上のイベントでは花は母の日プレゼントでもランキングで人気上位を常に維持しています。
花以外はどんな物がいいのでしょうか?
母の日は実に様々なギフトが存在します。
美容化粧品やアンチエイジングサプリなどの年齢に伴って悩みが増える年代の方にはたいへん喜ばれますよ。
また、コラーゲン入りのドリンクも相変わらず売れているようです。
女性は食べることが好きなので抹茶スイーツ、地方でしか食べられない甘いスイーツ、ケーキなどスイーツは欠かすことができないです。
ただ、値段は高い物をプレゼントするのは決してよくないでしょう。
逆に、貰った方が気を使ってしまうものは場の雰囲気をよくないものにしてしまいますので逆効果です。
だいたい1万円前後にしておけば間違いなにでしょう。

高校生くらいでお金がない人は肩たたき券やお買い物券でも充分です。
まるで小学生のように思われるかもしれませんが、自分の能力より無理をして他人のために尽くすのは大人になってからでいいですので可能な範囲で購入するようにしましょう。
結婚されている女性は旦那さんの義母にプレゼントをする時に困ってしまうようです。
解決策は、日常からどんな物が好みなのかリサーチすることです。

 

女性にプレゼントを贈る方法

 

人を喜ばせることにマニュアルはありません。
どんな方法でも正当なやり方であればまったく問題ありません。
恋人関係ならクリスマスとホワイトデーのお返しのために。
身内の母親なら母の日のプレゼントが大きなイベントです。
大好きな彼女のため、愛している夫のため、毎日仕事を頑張っている旦那さんのため、家庭を毎日守ってくれる嫁さんに感謝の気持ちを伝えるために、その人の好みを把握しておくことは大切なことです。
まだまだ、日本では人前で自分の気持ちを表現することが苦手というか、控えめになっているんですね。
もっとオープンになると欧米のように人前で愛を語りあうことも不思議な光景ではなくなってくるのでしょう。
私は、小学生の時に好きだった女の子にテディベアのぬいぐるみをプレゼントしたことがあります。
彼女はすごく驚いたようで一瞬言葉を失ってしまいました。
すぐに冷静になったようで「ありがとうね。K君からこんなカワイイぬいぐるみを貰えてうれしいわ!」と言ってくれました。
予め、彼女が何が好きなのか調べていたからできたことです。
私は、心の中でしてやったりと思いました。
勝負は、プレゼントを渡す前に決まっているといっても過言ではありません。
男性へのプレゼントを贈る方法

 

男性へのプレゼントは何といってもバレンタインですよね。
今は国民的大イベントになっています。
極端な話では小さなボールペンでもいいんですよ!
それも紳士が使うような高級なのではなくて、ラッピングが少しそれっぽい物だったらいいと思います。
二つ折り財布、メンズファッションなどもこの季節は女性から男性へのプレゼントには人気アイテムの一つです。
男性も気持ちがこもっていたら中身は何でもいいと思っているはずです。